ありし日のはじめ


by hajimac

<   2011年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

今日

僕は泣く

週末に先生が言った

「祈るとき、その人のことをじっと考える」

なにを思っているだろうか

なにを感じているだろうか

本当のところは僕には分からない

でも神がすべてを知っている

神はひとりでも滅びることを望まず

すべての人が神に立ち返ることを望んでいる(2ペテロ2:9)

イエスは言った(ルカ13:4、5)

「シロアムの塔が倒れ落ちて死んだあの十八人は、エルサレムに住んでいるだれよりも罪深い人たちだったとでも思うのですか」

「そうではない。わたしはあなたがたに言います。あなたがたも悔い改めないなら、みな同じように滅びます」

40の誕生日に facebook に書いた

「親愛なる友人たち」

「もしまだ神の愛、イエスの十字架での死によって現された神の愛を知らないのなら、どうか聖書を読んで見つけられますように」

「もしすでに神の愛、イエスの十字架での死によって現された神の愛を知っているのなら、その愛がどれだけ広く、長く、高く、深いのかがさらに理解されますように」

子どもの頃、いつか必ず大きな地震が来ると言われていた。

事実、何十年おき、何百年おきに地震が起き、津波が起き、何千人、何万人の人が亡くなってきた

いつか必ず僕が死ぬ事も、いつか必ず世界が終わる事も分かっている

いつこの世界から去っても良いように、準備ができているだろうか
[PR]
by hajimac | 2011-03-16 03:38 | エッセイ