ありし日のはじめ


by hajimac

はじめの HTC TyTN II

また2週間半があっと言う間に過ぎてしまいました。

いろいろ仕事が入って昼休みにも仕事している感じです...

愛用の携帯 HP iPAQ hw6515、2年間使用したところで調子が悪くなってしまいました。

一日に1,2回、ランダムにフリーズしてしまい電池をはずしてリセットをしないと復帰しません。

ソフトのフルリセットをしても直らなかったのでハードの問題であるようです。

通話中にフリーズするに至って「これでは使えん」と新しい携帯(もちろん全部入り♪)を求めたところ、スリーがプロモーションを行ってました。

HTC TyTN II (写真下)

f0125295_10591329.jpg

Windows Mobile 6 ベースのPDAに3G、HSDPA、GPS、11gに Bluetooth が入ってます。

これにオーストラリア全域の道路地図+ケース+車用のキット+1G MicroSD がついてました。

月々 Au$40 を2年で支払うので合計 Au$960。

hw6515 は Au$847 でしたが、ケースと車用のキットと SD を合わせると同じくらいです。

2年で使えなくなってしまった、ということはやっぱり月々 Au$40 くらいをサービスに消費していた、ということになります。

hw6515 に比べて最大の利点は HSDPA で安価で高速な(とはいえ日本に比べればかなり高価な)データ通信ができるようになったことです。これでやっと気軽にどこでもメールのチェックが(日本に比べるとホントいまさらですね~)できるようになりました。

月々 Au$20 で 500 MB までデータ通信できます。これにはビデオニュースが見れるサービスがついているのでまずまず、と言ったところ。(日本は無料でワンセグなんですよね、いいな~<しつこい)

画面が標準の 320 x 240 ピクセルになったのは良かったのですが、物理的なサイズで言うと hw6515 より小さくなりました(3 型から 2.8 型へ)。画面上のボタンを指で押しにくいです。

スライド式のキーボードは打ちやすいですが、いちいちスライドさせるのが結構面倒です。指で画面上のボタンを押しにくいのも手伝って、結局スタイラスを多用する使い方になってます。

とりあえず2年は大事に使わないと♪

p.s. 妻さまもメール(+facebook)が入用でスリーにしました。妻さまの携帯は次回にレビューです♪
[PR]
# by hajimac | 2008-02-11 10:59 | ツール
  夫たちよ。キリストが教会を愛し、
  教会のためにご自身をささげられたように、
  あなたがたも、自分の妻を愛しなさい。

  そのように、夫も自分の妻を自分のからだのように
  愛さなければなりません。
  自分の妻を愛する者は自分を愛しているのです。

  エペソ人への手紙5章25節と28節

言ってみれば、友人に対してもイエスが愛されたように愛するようにと教えられているわけですが(ヨハネ13章34節)

聖書の結婚観における夫の妻への愛し方は

  イエスが教会のために自分のいのちさえ与えたほどに

  妻がもはや他人ではなく自分のからだそのものであるかのように

愛するようにと言われています。

それはこの世界でもっとも崇高な愛の形

そんな愛し方をどの夫がすることができるでしょうか?

ですが、すべてクリスチャンである夫はそのような愛し方を求められています。

自分のいのちを文字通り、妻のためにささげる、そんな状況は普通起こらないでしょう。

でも普段の生活で、妻の悲しみを自分の悲しみとし、妻の喜びを自分の喜びとするのなら─自分を愛するように妻を愛することを続けられたのなら

そのときが来たらきっと、妻のために自分のいのちをささげることができるのではないか、そのように期待します。

P.S. やっとシリーズ更新。Internet Explorer 7 になってからなんかエラーが出やすいです...
[PR]
# by hajimac | 2008-01-24 11:07 | エッセイ

今年の抱負

さてブログを始めて/カフェスタで復活して一年ほど経ちました...

始めは「家族のブログを英語と日本語で作りたい!」という希望があったのですが、どうやらかなわないまま一年経ってしまいました...

妻さまは今でも、特に家族のブログを英語で!という希望があります。

僕の父は英語と日本語のニュースレターを続けていますが、僕の場合、ブログを「日本語と英語の両方で」となるとちょっと躊躇してしまいます。

ある時期には英語日本語と両方、書いてみたりしていたのですが...う~ん...

妻さまのもうひとつの希望は僕が facebook で活動することです。

(facebook は英語版 mixi のようなもの、かな?ここ数ヶ月間 facebook が妻さまの友人とのコミュニケーションツールになってます。)

mixi もブログもカフェスタもなんだかやりたいほど時間が取れない状況でさらに facebook も、というのは無理!とか思って、ずっと手を出さないでいたのですが...

とりあえず、今年の抱負...

「(妻さまのために)facebook で活動する」^_^;

どうなりますか...
[PR]
# by hajimac | 2008-01-14 11:03 | 日記
新年、おめでとうございます。

不定期更新、みなさんのホームページ訪問もままならないものですが、今年もどうぞよろしくお願いします。

仕事から完全に離れて1週間、少しはのんびり出来るのかと思ったのですが…

家の掃除に忙しくしています(まだ終わっていません!)

31日は屋根に上って雨どいにたまった枯葉を落としたのですが

使わない筋肉を使っていたのか、新年早々寝ているときに足がつりました ^_^;

寝るつもりはないのに3日続けて長男くんを寝かしつけるときに一緒に寝てしまってます…

明日は雨漏りしてしまう物置の屋根の修理…終わるといいなぁ…
[PR]
# by hajimac | 2008-01-02 01:28 | 日記

あっと言う間に一ヵ月半

経ってしまいました。

英国出張後12月1日締め切りの論文

3日締め切りの本の章節(原稿料なんてもらえません!)

12、13日と急遽日本に出張

15日締め切りのレポートが終わらなくて22日までヒーヒー言ってました。

その間、教会でメッセージが2回、メッセージの翻訳が1回ありました。

来年は少しスピード落とさないと体がもたない…という気がします…

さて、長男くん、歩き回っています。

ビデオに撮りました♪

ファイルサイズの大きい高画質(MPEG1、Windows Media Player や QuickTime で見れます)と小さいファイルサイズのもの(H.264、QuickTime)を用意しました。

divshare 上のビデオはひどく圧縮されてます。ノイズが多い!という方は "Download Original" からオリジナルをどうぞ♪

f0125295_232549.jpg


640 x 320、79 MB

320 x 240、15 MB

ついでに上の子たちの様子を…

長女ちゃん

f0125295_2382535.jpg


640 x 320、31 MB

320 x 240、7 MB

次女ちゃん

f0125295_2385820.jpg


640 x 320、79 MB

320 x 240、14 MB

元気に育ってます♪
[PR]
# by hajimac | 2007-12-27 22:57 | 子育て

あっと言う間に一週間

経ってしまいました。

プレゼン/レポート、どちらも無事終わりました♪

毎日8時に寝て12時に起きて(寝続けたくても時差の影響で起きてしまう)そのまま朝まで仕事という日が5日間続きました...

気のせいか白髪が目立つような ^_^;

昨日は半日で学会も終了、午後はまた街を回れました。

f0125295_1854267.jpg


New Town から見たエジンバラ城。街中に城がそびえ立っているという感じです。

f0125295_1903081.jpg


城から宮殿に続く Royal Mile と呼ばれる道。左右の家の造りが歴史を感じさせます。

f0125295_1914110.jpg


ファッションのお店が並ぶ The Walk。陽が落ちるのが早くってまたあまり回れなかった感じです...

というわけで今日は帰国です♪
[PR]
# by hajimac | 2007-11-17 19:05 | 仕事

エジンバラ

f0125295_0274972.jpg


仕事でエジンバラに来ています。

朝到着して体調も良かったので今日は市街を散策してみました♪(写真はエジンバラ城)

前回の反省を踏まえて、プレゼン(木曜日)の準備はほぼ終わっているのですが

今回は出張中にレポートの締め切り(木曜日)があります。

というわけでまた忙しい学会になりそうです...
[PR]
# by hajimac | 2007-11-11 00:35 | 仕事

最近の長男くん

f0125295_1956461.jpg

f0125295_1956517.jpg

f0125295_1957124.jpg


上の子たちが1年未満で歩いていたからちょっと遅いのかな~とか思っていましたが、長男くん、15ヶ月目にして歩き始めました。

まだビデオに収めていません。

上の女の子たちとはやっぱりいろいろ違います。

ずいぶんと負けん気が強いような...

どんな子に成長しますか♪
[PR]
# by hajimac | 2007-11-04 20:04 | 子育て

フラワー・ガールズ

f0125295_11264445.jpg


f0125295_1127723.jpg


またしばらく、忙しくしてました。

今日は一息、久々に昼休みのブログ/カフェスタです♪

先日、妻さまのいとこの結婚式に出席しました。

わが娘たちはフラワー・ガールズ。

無事に役割を果たしました♪

あと20数年もしたら花嫁なのでしょうか...

妻さまはいとこのお父さんが披露宴でしたスピーチにいたく感激して、僕にも同じようなスピーチをして欲しい、と今から念押ししてくれます ^_^;

p.s. 先週教会でしたメッセージ「なぜ安息日に安息するのか?」(35分、8.3MB)です。クリスチャン向け。興味のある方はどうぞ。(自分が忙しいくせに、なメッセージです...う~ん...)
[PR]
# by hajimac | 2007-11-01 11:28 | 日記
前回、声高に「なぜ姦淫は罪なのか?」などと語りましたが

それでは僕は姦淫をしない人なのかというと

そういうわけではありません。

イエスは言いました。

  「あなたがたも聞いているとおり、『姦淫するな』と命じられている。
  しかし、わたしは言っておく。
  みだらな思いで他人の妻を見る者はだれでも、
  既に心の中でその女を犯したのである。」

  マタイによる福音書5章27節と28節(新共同訳)

もし誰も見ていないのだとしたら...

もし誰にも分からないのだとしたら...

僕には実際に姦淫をしないでいることができていたであろうか、自信などというものはありません。

もし心で欲することがあったのなら、まだ肉体的に姦淫を犯していなかったとしても、僕は姦淫をすでに犯してしまった人と同様に神の前に有罪です。

姦淫を犯してしまった人を指差して「有罪だ」などと言っていられるものではないのです。

  イエスはオリーブ山へ行かれた。朝早く、再び神殿の境内に入られると、
  民衆が皆、御自分のところにやって来たので、座って教え始められた。

  そこへ、律法学者たちやファリサイ派の人々が、
  姦通の現場で捕らえられた女を連れて来て、
  真ん中に立たせ、イエスに言った。

  「先生、この女は姦通をしているときに捕まりました。
  こういう女は石で打ち殺せと、モーセは律法の中で命じています。
  ところで、あなたはどうお考えになりますか。」

  イエスを試して、訴える口実を得るために、こう言ったのである。
  イエスはかがみ込み、指で地面に何か書き始められた。
  しかし、彼らがしつこく問い続けるので、イエスは身を起こして言われた。

  「あなたたちの中で罪を犯したことのない者が、まず、この女に石を投げなさい。」

  そしてまた、身をかがめて地面に書き続けられた。
  これを聞いた者は、年長者から始まって、一人また一人と、
  立ち去ってしまい、イエスひとりと、真ん中にいた女が残った。
  イエスは、身を起こして言われた。

  「婦人よ、あの人たちはどこにいるのか。だれもあなたを罪に定めなかったのか。」
 
  女が、

  「主よ、だれも」

  と言うと、イエスは言われた。

  「わたしもあなたを罪に定めない。行きなさい。これからは、もう罪を犯してはならない。」

  ヨハネによる福音書8章1節から11節まで(新共同訳)

ですが、聖書の素晴らしいところは、僕が有罪であっても、神は僕を受け入れてくださる、と教えていることです。

  人は皆、罪を犯して神の栄光を受けられなくなっていますが、
  ただキリスト・イエスによる購いの業を通して、
  神の恵みにより無償で義とされるのです。

  ローマの信徒への手紙3章23節と24節(新共同訳)

「キリスト・イエスによる購いの業」とはイエスが罪を犯してしまった人たちの代わりに十字架で神に罪の罰を受けたことです。

  キリストは罪を犯したことがなく、
  その口に何の偽りも見いだされませんでした。
  ののしられても、ののしり返さず、苦しめられても、おどすことをせず、
  正しくさばかれる方にお任せになりました。

  そして自分から十字架の上で、私たちの罪をその身に負われました。
  それは、私たちが罪を離れ、義のために生きるためです。
  キリストの打ち傷のゆえに、あなたがたは、いやされたのです。

  1ペテロの手紙2章22節から24節(新共同訳)

姦淫をしないでいることができたから、神に受け入れられるのではありません。

姦淫を犯してしまったのに、神がイエスの死を僕の罪の罰として認めてくださるので、神に受け入れられると言われています。
[PR]
# by hajimac | 2007-10-28 22:54 | エッセイ